火災保険に加入している家持ちの人の90%以上が
平均115万円もの給付金が支給される可能性があります!

火災保険は戸建てに住む時に加入するものです。

この火災保険は火事とは関係のないキズに対しても適用できて、平均115万円も給付金が貰えるんです!

まずは、こちらをご覧ください!

損傷箇所

このような小さいキズはどこの家にもあると思います。

実は、ちょっとしたキズであっても火災保険の給付金で直せるって知っていましたか?

給付金が受け取れる条件はこちら!

給付金の条件

このことを知らずに損している人が多いんです。

私も最近になって会社の先輩との世間話をしている時に知りました。

この間、大きな台風があったじゃないですか。 その影響か実家の屋根にキズが入ってたんですよ。 直したいんですけどそんなお金もないし、 台風だから保険も効かないだろうし、どうしたらいいですかね。

私
先輩

私も去年、実家の壁にキズを見つけて、これって保険とかで直せないのかなって調べてみたのよ。 そしたら火災保険が適用されるかもしれないことがわかって、無料で調査を頼んだら結果として100万円も給付金が下りたの!

え、100万円も!? でも火事でもないのによくそんなに大きな額が下りましたね。 火災保険って火事以外にも適用されることってあるんですか?

私
先輩

そうなの!意外と知らない人が多いと思うけど、火災保険って本当は適用範囲が広くて、火事以外の自然災害にも適用されるのよ。 自然災害による破損であればこんな箇所でも保険が適用される可能性があるの。

適用ケース

自然災害による破損であればこう言ったキズにも適用できるんですね。
知らなかったです。

私
先輩

しかも、給付金は非課税になっていて使い方は個人の自由になっているの! だから給付金全額を修繕費に当てなくてもいいの。半分を修繕費にして、残りの半分を別のことに使うこともできるわね。

非課税の画像

それってある意味、臨時ボーナスみたいじゃないですか!
でも申請手続きをするのは複雑そうですね。

私
先輩

実際、火災保険請求の手続きをするにはこれらの作業が必要なんだよね...。

具体例
先輩

自分達で作業もしつつ保険会社ともやりとりしながらやってたら1ヶ月以上かかるの。 最悪、保険会社に言いくるめられて、給付金が下りなくて骨折り損になるケースもあるみたい。

じゃあ火災保険の請求をするのは難しそうだな...。 時間もそんなにとれないし、ましてや素人だからどのキズが自然災害によるものなのかの判断もできないし。

私
先輩

そうね、申請の手続きは一般の人には難しいと思うわ。 でも安心して!そういう面倒な作業を無料で引き受けてくれる「家調(イエチョウ)」っていうプロの業者を教えてあげる! 家調」に頼んだおかげで100万円も下りて、親孝行ができたわ。

無料診断はこちら

「家調(イエチョウ)」を使えば、平均115万円を簡単に貰える!

その話を聞いた後すぐに、「家調」を使って給付金が貰えるか調べてみました。

などのメリットがあります。

家調」に任せておけば、難しい火災保険の申請も無料簡単できます。

万が一、給付金が下りない場合になったとしても調査費は一切発生しません。

なので査定を依頼することにデメリットが全くありません

先輩に教えてもらったその週末に早速、調査を申し込んでみました。

こちらが調査で判明した損傷箇所です。

調査員が来てから1時間程で調査が完了していました。

本当にこんな小さなキズでも給付金が下りるのか疑っていましたが、

なんと100万円もの給付金を受け取ることができました!

先輩の言っていたとおりで、ちゃんと給付金を受け取ることができて、以前より修繕したいと思っていたこと箇所にお金を使うことができ、

余ったお金も何に使おうかワクワクしてます。

家調」の査定は完全成果報酬型になっているため、自宅が遠方にあり、調査の結果で給付金が下りない場合、調査員の交通費や宿泊費を負担する必要がありません!

あなたが気づいていないだけで、あなたの家にも給付対象になる破損箇所があると思います。

なので、「家調(イエチョウ)」で査定調査の申し込みをすることをオススメします。

無料診断はこちら

火災保険を使って給付金を受け取る人はたくさんいます

ケース1
ケース2
ケース3

保険料が上がらないため火災保険を利用しないのはもったいない!

もしも、給付金をもらった翌日に自然災害などにより被害が発生した場合でも、金額に関わらず再度保険請求ができます

なので火災保険を利用しないというのはもったいないんです!

そんな火災保険を「家調(イエチョウ)」で依頼すれば、簡単に無料で給付金を受け取ることができます!

無料診断はこちら

火災保険を申請する際に注意すること

火災保険を申請する時に注意しなければならないことがあります。

それは火災保険の申請期限です。

火災保険は基本的に3年経過すると、給付金を受け取ることができなくなってしまいます。

せっかく保険にお金を払っているのに掛け捨てで使うこともなく貰えなくなるのはもったいないです!

火災保険は火事が起こった時だけに適用されるのではなく、本来自然災害により家屋に被害を受けた場合に適用されるものなのです。

つまり、火災保険を申請することは保険を掛けている者の権利です!

なので、あなたも今すぐ「家調(イエチョウ)」を利用して、給付金を受け取りましょう!

無料診断はこちら

火災保険は何度請求しても保険料があがらないため利用しないと損になります!

火災保険は何回使っても保険料が上がらないということは意外に知られていません。

ほとんどの人が火災保険に何かあった時の「保険」として加入している人がほとんどです。

しかしこの「保険」を保険期間内で使ったことがある人はごくわずかです。

なぜ使わない人が多いのかというのは、火災保険の内容をちゃんと理解できておらず上手く利用できていないからです。

火災保険は火事が起きた場合にのみ適用されるのではなく、火事以外にも家屋の小さなキズにもてきようされる保険なのです。

また、火災保険は他の保険と違い、一度給付金が下りたからといって翌年の保険料が上がるということもありませんし、何回でも利用することができます。

このことから、火災保険を使わないということは損しているのと同じだということがわかるかと思います。

せっかく保険料を毎月払っているのですから、火災保険を使う権利を行使しない手はないです。

そんな火災保険の申請を「家調」に任せておけば、難しい作業を行うことなく無料で簡単にできます。

万が一、給付金が下りない場合になったとしても調査費は一切発生しません

なので査定を依頼することにデメリットが全くありません

これらのような悩みがある人は、気軽に「家調(イエチョウ)」で無料診断を受けてみてください!

無料診断はこちら